会社に就職する場合の身元保証人の性質 - 身元保証の代行サービスとは
  • 会社に就職する場合の身元保証人の性質

    銀行や信用金庫などの金融関係は特にそうですが、新たに就職をするにあたって身元保証人を立てることを求められるケースは割合と多く見られます。
    そこで現役世代として働いていて一定の収入や社会的な地位がある親族がいれば、その人に対して個別に依頼をするのが一般的です。
    身元保証人に関する法律では、こうした場合の義務や制限などについて定めており、基本的はこの法律にしたがって運用されるものと考えればよいといえます。
    会社に就職する場合の身元保証人の保証期間は、法律では上限が5年となっており、もしも期限について特段の定めがない場合は原則として3年となっています。

    これは期限の定めがもしも書類上にあったとした場合でも同様で、一度に5年を超えることはできません。

    身元保証の会社選びであなたの手助けをします。

    またこうして就職した人が業務に対して不誠実であったりして何らかの責任が及ぶ可能性がある場合には、会社からあらかじめ通知することを法律では義務付けています。


    このような通知があった場合には、身元保証人は会社に対してその解約を申し出ることも可能です。



    また就職した人が会社に対して損害を与えた場合には、身元保証人のほうにも損害賠償の責任がありますが、その責任は限定的に解釈されるのが原則です。



    そのため会社側のほうに過失がなかったかどうかや、与えられた任務などの詳細を踏まえた上で、裁判所の裁量によって決まることがあるため、すべての責任を負うということでもありません。