身元保証の代行サービスとは
  • 身元保証の代行サービスとは

    わが国では諸外国とは異なり、ちょっとした契約でも身元保証人を要求されるケースが数多く見られます。
    若い世代の場合には高校や大学に入学をしたり、賃貸アパートに引っ越して新生活をはじめるにあたって、入学時の誓約書や賃貸借契約書にはかならずといっていいほど身元保証人が署名捺印をしなければならない欄が設けられています。

    身元保証の代行に関する最新情報はこちらです。

    場合によっては身元保証人の印鑑登録証明書もあわせて提出させ、本人にまちがいがないことを確認するなどの入念なチェックを行っていることもあります。
    高齢になって現役世代を退けばこうした心配はないかといえばそうでもなく、今度は介護付き有料老人ホームの入居などにあたって、やはり身元保証人を要求されることがほとんどです。結局は世代や年齢にかかわらず、日本に住んでいる限りはいつまでもつきまとう問題といえます。最近ではこうしたニーズに対応して、組織として身元保証を代行するサービスもあらわれています。



    代行サービスを提供するのは社団法人や財団法人の形式をとっていることもあれば、ボランティア団体から派生した特定非営利活動法人の場合もあり、さらには株式会社などの営利企業に近い形式のこともあります。
    いずれの場合も所定の保証料を納めることにより代行してもらうことが可能です。


    組織によっては賃貸住宅や消費貸借契約などの類型を限っていることもありますので、目的に合わせてふさわしいサービスを選択することもたいせつです。



  • 身元保証の意外な事実

    • 学生が卒業をして特定の会社に就職しようとする場合、人事関係のさまざまな書類を提出することになります。そのなかには雇用契約書や健康診断書、卒業証明書などの書類とともに、本人および身元保証人による誓約書などが含まれるのが一般的です。...

  • 身元保証のコツ

    • 銀行や信用金庫などの金融関係は特にそうですが、新たに就職をするにあたって身元保証人を立てることを求められるケースは割合と多く見られます。そこで現役世代として働いていて一定の収入や社会的な地位がある親族がいれば、その人に対して個別に依頼をするのが一般的です。...

  • 身元保証の話

    • 身元保証をしてくれる会社と契約を結ぶ際、初期費用が必要です。この初期費用が各社でバラつきがあり、かなりの費用を支払うところもあれば生活保護の人でも利用できるのに安く設定しているところもあります。...

  • 身元保証の納得の知識

    • 1人で暮らす人たちにとって保証人の存在は非常に重要であり、それなしには部屋の契約もできなければ福祉施設への入所もままならない状況です。こうした人たちが頼るのは身元保証をしてくれる会社と契約することです。...