身元保証の会社と契約する際の初期費用 - 身元保証の代行サービスとは
  • 身元保証の会社と契約する際の初期費用

    身元保証をしてくれる会社と契約を結ぶ際、初期費用が必要です。この初期費用が各社でバラつきがあり、かなりの費用を支払うところもあれば生活保護の人でも利用できるのに安く設定しているところもあります。


    このため、なぜこれだけの費用がかかるのか、身元保証の会社と契約を結ぶ前に各社で比較することがおすすめです。

    こだわりの身元保証の会社サイトが一番おすすめです。

    例えば契約時の料金と保証に必要な料金を分けているところがあります。

    基本的な契約料とサービス料、口座利用料や公正証書の契約料を合わせた金額と保証料が別になっているためです。
    ここでの保証料は老人ホームへ入居する際の連帯債務に備えるために存在します。

    身元保証の会社によっては事務手数料と預託金として別々に請求するケースもあります。あくまでも保証料であるため、解約する際や亡くなった場合は相続人などに返金されます。

    また最初に手数料をもらってもすぐに亡くなった場合などはその一部が返金されるケースもあるため、これは身元保証の会社次第です。



    介護施設への契約のために必要なケースでは初期費用が10万円のところもあります。

    生活保護の人は5万円で利用できるなど、簡単に契約できるケースもあります。


    介護施設への入居のために必要な初期費用として数十万円は用意する必要がありますが、返金されることを考えると最終的な自己負担はさほど変わらないのが実情です。



    初期費用の部分と毎月の契約料がどうなっているかを調べて、判断することが求められます。